会長挨拶

 公益社団法人岡山県柔道整復師会を簡単に紹介させていただきます。
岡山県の会員280名は専門学校、大学で必要単位を修得し国家試験の合格者であり、国家資格である柔道整復師の保険適用での業務は骨折、脱臼(医師の同意)、捻挫、打撲、挫傷を委任制度で保険診療ができ、最近多い交通事故での外傷においても施術を行う柔道整復師で構成されている団体です。
また、災害時に各市町村と協定を結び避難所において応急処置、支援など会員が駆けつけられる体制を取り地域と連携できる組織作りになっています
柔道整復師の元となる柔道では、平成26年度から1年おきに小学生4年生〜6年生12名で柔道の普及発展、青少年の健全育成、これからの子供たちに必要な国際感覚を身に着ける、きっかけになればと8月に台湾遠征事業を行っています、また台湾チームは間の年に来岡があり岡山の代表選手と試合、練習をし友好を深めております。子供たち成長過程の励みとなれば幸いと会の取り組んでおります。

 公社会員は治療(施術)において、安全、安心、安価で早く痛みの取れる柔道整復師を目指し国家資格習得後も生涯学習を忘れず研修も行っており会員の資質向上にも努めております。

会員の各施術所の安全、安心の印が、この会章です。

ロゴ
 この会章を提示してある施術所は、安心して通院して戴けますので、宜しくお願い致します。
会長からの一言
平成25年4月1日、
社団法人岡山県柔道整復師会は、
『公益社団法人岡山県柔道整復師会』に生まれ変わりました。