よくある質問

ケガの対処法について
“ねんざ”ってどうなっているのですか?
一般には関節を構成している骨以外の組織が傷んだ状態を言います。
例えば、転んで手を強く突いたり足や腰などをひねったりした際に、それぞれの関節が正常に動く範囲を超え、靭帯、筋、腱などが損傷します。
関節を動かすと強く痛んだり、指で押すと強く痛むところがあったりします。
きちんとした手当てをしておけば、ほとんどの捻挫は治りますが、手当ての仕方を間違ったりすると傷ついた靭帯や筋肉、腱などの組織が元に回復しにくくなって、ちょっとしたことで捻挫を繰り返したり痛みを起こしやすくなります。
ぜひ、接骨院・整骨院へお気軽にご相談下さい。