活動報告

平成30年度「日整全国大会」
2018/10/26

「日整全国大会(少年・形・会員)」

それぞれ三部門で行われた日整全国大会。

「第42回 厚生労働大臣旗争奪日整全国柔道大会」
当会会員、富岡・田中・藤田の3選手を含む中国ブロック代表チームは、初戦、中堅戦まで3引分と息の詰まるような接戦となりましたが、柔道王国九州ブロック代表に最後副将・大将が敗れ、残念ながら初戦敗退となりました。

「第8回 文部科学大臣杯争奪日整全国少年柔道形競技会」
昨年全国大会3位となっていた伊地知・小池組(吉備柔道スポーツ少年団)が中国ブロック代表として出場。
結果は残念なものとなりましたが、その形は優勝したペアにも全く引けを取らないもので、堂々とした演武を披露してくれました。

「第27回 文部科学大臣杯争奪日整全国少年柔道大会」
岡山県予選会で勝ち上がった岡山県代表選手達、8月の台湾遠征での強化を経て満を持して大会に臨みました。
穴竈学監督(生々館道場)に率いられ、初戦の対福島県戦、4−0と快勝、日整全国少年柔道大会で初戦突破を果たしました。
続く柔道王国九州から鹿児島県戦、副将戦が終わり1−2と大接戦となり、迎えた大将戦、あと一歩及ばず無念の引分で、最終スコア1−2で鹿児島県に敗れました。
ですが、ここ数年鬼門となった初戦を突破し、その少年らしく戦う姿勢が評価され大会岡山県チームはフェアプレー賞を獲得しました。

いずれの三部門も、岡山県、また中国ブロック代表として、全く恥じる事の無い堂々とした戦いを見せてくれました。
来年は更にもう一歩前進し、上位進出を目指して会員と選手が頑張っていきたいと思います。

大会に際しまして、多大なる応援を賜りました事を、大変遅くなりましたがこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

日時 平成30年10月7日(日)
会場 講道館

第42回 厚生労働大臣旗争奪
日整全国柔道大会
試合結果
中国ブロック 0−2 九州ブロック
富岡 × 大隈
山口 × 松田
田中 × 馬場
木下 ― ○檜山
藤田 ― ○西村


第27回 文部科学大臣杯争奪
日整全国少年柔道大会
試合結果
1回戦
岡山 4−0 福島
坂本 × 小川
千々和○ − 吉田
平 ○ − 後藤
塚崎 ○ − 宮永
近藤 ○ − 熊田

2回戦
岡山 1−2 鹿児島
坂本 ― ○河野
千々和 × 岡元
平 ○ − 外園
塚崎 − ○濱田
近藤 × 屋


第8回 文部科学大臣杯争奪
日整全国少年柔道形競技会
試合結果
予選リーグ2位
受 伊地知 愛
取 小池 咲愛