活動報告

三県(岡山県・鳥取県・島根県)合同少年柔道強化練習会
2015/09/29

 9月13日日曜日、鳥取県米子市の米子市営武道館柔道場において、岡山県・鳥取県・島根県の日整全国少年柔道大会に出場する各県代表チームを中心に少年柔道強化練習会を行いました。
 10月12日体育の日に東京・講道館にて行われる日整全国少年柔道大会は、予選会を個人戦で行い、上位入賞者による選抜チームとなります。そのためほとんどの選手が異なる所属であるため、このような機会を設ける事で代表チームとしてのレベルアップ、団結力強化を目的として練習会に臨みました。
 午前中は各県代表チームを中心に、それに追随するレベルのチームを鳥取県・島根県ともに編成していただき練習試合を行いました。結果は以下のように3勝1敗でしたが、特に島根県代表チームに敗れてからさらにチームの一体感が増し、以降は失点無く、素晴らしい戦いぶりを見せてくれました。本大会に向けチーム力も向上し、全国でもまず一勝を目指して頑張ってほしいと思います。
   岡山県 5−0 鳥取県B
   岡山県 0−3 島根県A
   岡山県 3−0 鳥取県A
   岡山県 2−0 島根県B
  午後は中国ブロック代表として全国大会に出場する岡山県・児島武道館が素晴らしい演武を披露し、全国大会へと弾みをつけた。昨年度より本大会は参加組数も大幅に増え、競技レベルも上がってきているが、過去四大会で三度入賞をしている岡山県の形競技のレベルの高さを本大会でも存分に発揮してほしいと思います。
全体としては午後立ち技乱取を時間いっぱい行い、普段稽古する事のない他県の強豪選手同士で刺激ある素晴らしい稽古が出来ていた。
また藤原靖真柔道部長と三村真輝会員は、鳥取県の4選手に「投の形」の指導も行った。中国ブロック代表は今大会の五大会すべて岡山県から出場しているが、各県とも徐々にレベルが上がってきており、中国五県内でもどんどん切磋琢磨して更なるレベル向上を期待しています。
今回の三県合同少年柔道強化練習会において(公社)鳥取県柔道整復師会 野坂明典会長には会場の準備等大変お世話になりました。深く感謝申し上げます。